絵本「きせきのやしのみ」
絵本「きせきのやしのみ」

 太平洋戦争末期、戦死した出雲市出身の男性がフィリピンの海に放ったヤシの実が、故郷に流れ着いた「奇跡の椰子(やし)の実」。この実話に感動した愛知県の主婦が絵本を作成し、島根県内の学校などに寄贈している。父の故郷・島根で起きた出来事に心を動かされ、出雲弁保存会の協力で方言も入れた。戦後76年で伝承が難しくなる中、子どもたちが戦争を知る契機になればと願う。
 作成したのは、愛知県一宮市の亀山永子さん(48)。地域の小学校などで読み聞かせボランティアに携わり、独学で学んだ切り絵を生かし、これまで「よこいしょういちさん」など戦争に関する絵本2冊を作成している。
 実話は、フィリピンで戦死した出雲市出身の山之内辰四郎さんが、亡くなる前に戦友の名を記して流したヤシの実が31年後に出雲市大社町の漁港に漂着し、その後、妻の元に返る。
 2019年3月、足を運んだ靖国神社敷地内の遊就館(東京・九段北)で実話を知り、自身ともゆかりのある島根の話に心引かれ、不思議さと山之内さんの無念さを感じた。読み聞かせで戦争の悲惨さを知ってもらおうと絵本作成を決意し、県内に2度足を運んで取材した。
 絵本「きせきのやしのみ」はA4横判で、漂着したヤシの実が地元の関係者の力で妻の元に返る物語。幼少期、祖母から聞き、好きだった出雲弁も盛り込み臨場感を出した。
 親として家族の尊さを感じる中、遠く故郷や家族を思って戦地で亡くなった日本兵がいたことにも触れ「一人一人に帰りたかった故郷があり、待っている家族がありました」などとつづる。
 自身が戦争に関心を持ったきっかけは、経験者の話を聞いたこと。「学校で深く戦争を教えられる訳ではなく、関心を持たないと知りたいとはならない。不思議な物語に興味を持ってもらえれば」と願う。
 既に父の故郷・雲南市と出雲市の教育委員会を通じ全小中学校に計71冊を寄贈。28日には亀山さんに代わり、出雲弁保存会の藤岡大拙会長が出雲中央図書館に7冊を贈った。戦争を知る藤岡会長は「人間の幸せを壊すのが戦争。寄贈はとても有意義なこと」と平和を願った。
(松本直也)