株式会社LASSIC
株式会社LASSIC(ラシック)(本社:東京都港区、本店: 鳥取県鳥取市、代表取締役社長: 若山幸司、以下「LASSIC」)が運営する、「場所に依存しない働き方」を推進・支援する情報を発信するWEBメディア「テレワーク・リモートワーク総合研究所(テレリモ総研)」は、テレワークにおける『仕事と育児の両立』に関するアンケート調査を全国20歳~65歳の男女を対象に実施しました。 https://teleremo.net/


■テレワークにおける『仕事と育児の両立』に関するアンケートについて
テレワークは育児をしやすい環境づくりに適している、と言われています。企業のなかには子育て中の社員に向けて、テレワークを積極的に推奨するという取り組みをしているところもあるようです。一方で、小さな子供を抱える方からは、「自宅で子どもを見ながらでは仕事にならない…!」という意見も。実際のところ、育児に対してテレワークはどのように作用するのでしょうか。

そこで、今回はテレワークと育児の実態について調査しました。
まず、テレワークをしている、もしくはしたことがある方を対象に「仕事と育児の両立ができているか」についてアンケートを実施しました。

 Q.仕事と育児の両立が出来ていますか?


「どちらかというと、仕事と育児の両立は出来ている」と回答された方が最多で、男女ともに4割を超える結果となりました。次に多かった回答は男女で異なり、男性は「どちらかというと、両立はできていない」で25.33%、女性は「両立は出来ている」で32.02%となりました。

内閣府男女共同参画局が令和元年に実施した調査(※)によると、1日当たりの育児時間は、女性が男性の2倍以上という結果が出ていることから、子供の送り迎えに通勤時間を考慮する必要がなくなるなど、テレワークによるメリットを実感する割合が多いことが推測できるのではないでしょうか。

※参照:内閣府 男女共同参画局 男女共同参画白書 令和2年版「家事等と仕事のバランスに関する調査」について


次に、育児時間の変化について調査しました。

 Q.テレワーク後に育児に費やす時間は変わりましたか?


こちらも、「1日の育児時間は変わらない」が全体の4割を超え、最多となりました。
一方で注目したいのが、「育児時間が増えた」と回答された方の割合です。女性の約4割、男性の約3割がテレワークによって育児時間が増えたと感じていることが分かりました。

通勤をはじめとした移動がなくなり、浮いた時間を有効活用できるようになったことで家族との時間にも充てられていると考えられます。テレワークがワークライフバランスの実現を促す働き方であることがうかがえます。


育児時間を増やせる効果が期待できる一方で、「両立が出来ていない」と感じている方も。その理由についてもアンケートを実施しました。

  Q.仕事と育児の両立が出来ていない、その理由をお知らせください。


最も多かったのが「周囲のノイズ、騒音が気になる」という回答でした。
特に未就学児の子育て世帯にとっては、自宅で子供の面倒を見ながらテレワークするのは簡単なことではありません。「テレビ会議中、子供の声が聞こえてくる」「子供が家中を走り回っていて集中できない」などの経験をした方もいらっしゃるのではないでしょうか。社内会議でこそ「微笑ましい」と受け取られる可能性はありますが、社外との商談などではそうもいきません。

また、オフィスのようにビジネス利用を想定していない自宅のインターネット回線では、テレビ会議中に同じ回線で子供が動画を見ていてネットワークが不安定になってしまう、というような事象も発生しているようです。

自宅保育の場合、子供の年齢や自宅環境などによって左右される面もあるため、「テレワーク=育児と両立できる」という結論で一括りにするのは難しいようです。


テレワークにおける「仕事と育児の両立」に着目した今回の調査。
「男女ともに育児と両立できている」「どちらかと言えばできている」と感じている方が多数派という結果となりました。背景には、オフィスワークと比較して育児に携わる時間が増えたり、調整しやすくなったことが影響していそうです。一方で、両立出来ていないケースもあることを踏まえ、家庭のニーズやライフステージに合わせて選択できる働き方としてテレワークが導入されていることが理想なのではないでしょうか。

平成の30年間を通じて「男性は働きに出て、家事育児は女性がやるもの」という価値観が崩壊し、令和になった現在、コロナ禍によるテレワークによって家族が揃う時間が大幅に増えつつあります。それに伴って、ニューノーマル時代においては働き方の多様化とともに育児に対する意識も変化してきていることでしょう。

テレワークの普及とともに、かつての「父親像」「母親像」にとらわれない「育児のパラダイムシフト」が起きつつある世の中で、「仕事と育児の両立」は試行錯誤の連続になるかもしれませんが、今回の意識調査は、テレワークが子育て世代にとっての一助となる可能性を感じさせる結果となったのではないでしょうか。


テレリモ総研では、今後も継続して意識調査を行ってまいります。
※テレリモ総研サイト内でも調査結果を基にしたコラムを公開中です。https://teleremo.net/?p=167




調査概要

調査期間:2020年9月1日~2020年9月4日
調査対象:全国20歳~65歳のテレワーク/リモートワークを経験したことがあるワーキングパーソン男女1077名
調査方法:インターネット調査


著作権について

本リリースは、自由に転載いただくことができます。
本リリースの著作権は株式会社LASSICに帰属しますが、以下の利用条件を満たす方には利用権を許諾します。

*利用条件
(1) 情報の出典元として株式会社LASSICの名前を明記してください。
(2) 出典元として以下のURLへのリンクを設置してください。
  https://www.lassic.co.jp
(3) 調査結果データの加工・改変は許可しておりません。
(4) 当社が相応しくないと判断した場合には、転載の許可を取り消し、掲載の中止を求めることができます。
(5) 掲載内容をもとに、独自のコンテンツとして編集・執筆いただくことができます。



テレリモ総研では、人々が場所によって仕事内容や職種、勤務条件を左右されることなく活躍できる世界を実現すべく、テレワーク・リモートワークが働き方の選択肢の一つとして一般化することを目指し、多様な働き方に注目した情報をお届けしてまいります。

以上



株式会社LASSIC(ラシック)について

LASSICは2006年に鳥取県で創業し、『~鳥取発~ITで、地方創生』を経営理念に、ITを通じてポテンシャルや魅力に溢れた地方の活性化、地方創生の実現を目指している企業です。

東京に一極集中しているIT業界の経済活動を地方に分散させる“地方輸出”の仕組みづくりや、ITとアイデアで地方自治体の課題解決を支援する地域イノベーション支援事業、人や組織の状態を見える化し改善を支援する感情解析技術の研究開発などに取り組んでいます。

人々が心豊かに働ける環境を整えると同時に、社会に向けて新しい価値を発信し、日本全体の経済活動を盛り上げるべく、事業を推進しています。

■会社概要
本 社:〒108-0074 東京都港区高輪1-3-13 NBF高輪ビル 5F
本 店:〒680-0843 鳥取県鳥取市南吉方3-201-3
代表者: 代表取締役社長 若山 幸司
設 立: 2006 年 12 月 26 日
資本金: 9,968万円
事業内容: システムインテグレーション事業、Remogu(リモグ)事業(リモートワーク人材エージェント)、KnockMe!(ノックミー)、地域イノベーション支援事業、感情解析研究開発事業
拠点: 鳥取、秋田、仙台、東京、大阪、姫路、那岐、米子、岡山、広島、福岡
URL: https://www.lassic.co.jp
Facebook: https://www.facebook.com/lassic.co.jp
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ