イメージ
イメージ

 鳥取県警高速道路交通警察隊は30日、道交法違反(無免許、酒気帯び)の疑いで、鳥取県大山町、農業の男(45)を逮捕した。

 逮捕容疑は同日未明、米子市内の山陰道で、軽自動車を無免許、酒気帯びの状態で運転した疑い。同隊によると、容疑を認めているという。

 高速隊によると、道路上に車が停止しているとの110番を受け、駆け付けた警察官が運転席にいた男の違反に気づいた。検査で基準を超える呼気1リットル当たり0・5ミリグラムのアルコールが検出された。