鳥取宇宙産業創出のキックオフイベントで登壇する(株)amulapoの田中克明社長(右端)=鳥取市尚徳町、とりぎん文化会館
鳥取宇宙産業創出のキックオフイベントで登壇する(株)amulapoの田中克明社長(右端)=鳥取市尚徳町、とりぎん文化会館

■最前線 星取県 宇宙ビジネス

 星空の美しさを地域産業や観光の振興に生かそうと「星取県」を掲げる鳥取県で、宇宙関連のビジネスに向けた動きが活発化している。鳥取砂丘を舞台にした「エンタメ」事業や、衛星データを活用した雇用創出が進む。機運の高まりを受け、県は本年度初めて、宇宙事業の予算化に踏み切り、支援体制を強化。産学官が連携して取り組む「大宙(おおぞら)への挑戦」の動きを追った。

 

■巻頭ズーム

 (1)米子の飲食店時短

 新型コロナウイルスの感染急拡大を受け、鳥取県は米子市中心部の飲食店約600店舗を対象に、7月21日から2週間の営業時間短縮を要請した。山陰両県では初めて。飲食関係者や取引業者は先行きへの不安をこぼす。

 (2)大雨の農業被害

 7月6日以降の記録的な大雨により、山陰両県で農地の冠水や土砂流入が相次ぎ、農作物や農業施設が大きな打撃を受けた。JAや自治体は被害状況の確認を急ぐものの、全容把握の見通しは立っていない。

 

■WEEKLY NEWS

◎不織布キャップの全自動製造装置を開発

 

◆購読のお問い合わせ

  フリーダイヤル(0120・49・2550)