嫁ケ島から歩いて戻る参加者=松江市袖師町
嫁ケ島から歩いて戻る参加者=松江市袖師町

 松江市の宍道湖に浮かぶ嫁ケ島まで歩いて渡るイベントが1日にあり、夏休み中の小学生や保護者ら約220人が真夏の青空の下で列を作って水中散歩を楽しんだ。

 参加者は、市袖師町の宍道湖夕日スポット近くの湖岸を出発。浮輪や水中用のゴーグルを装着し、約220メートル先の嫁ケ島まで張られたロープを頼りに水をかき分けて歩いた。島に到着した後は、航路安全を祈願して厳島神社(広島県廿日市市)から分霊した竹生島神社に手を合わせたり、シジミやフナといった宍道湖の水生生物を観察したりした。

 所属する放課後児童クラブの友達と参加した市立古志原小6年の景山蒼太君(11)は「生き物を捕ったりして楽しかった。普段は上陸することができないのでいい経験になった」と笑みを浮かべた。

 市内の水辺や嫁ケ島に親しむイベントを企画するNPO法人・水の都プロジェクト協議会(仙田一吉理事長)が毎年、島の所有者と国土交通省出雲河川事務所の許可を得て開催。新型コロナウイルス感染拡大防止のため、参加者への検温や連絡先の提出を求めた。