体操種目別決勝の女子平均台で、補欠の1番手だった芦川うらら(静岡新聞SBS)が繰り上がりで出場することが決まった。決勝の8人に入っていたルーマニア選手が棄権した。