ゼッケンを着けたハンター役から逃げる児童(左)=浜田市金城町久佐、かなぎウエスタンライディングパーク
ゼッケンを着けたハンター役から逃げる児童(左)=浜田市金城町久佐、かなぎウエスタンライディングパーク

 夏休み中の小学生との世代間交流を深めようと、人気テレビ番組「逃走中」にあやかったイベントが2日、浜田市金城町久佐のかなぎウエスタンライディングパークであった。今福小学校(浜田市金城町今福)の児童18人が、制限時間内にハンター役の保護者らに捕まらないよう走り、楽しんだ。
今福小5、6年生のアイデアを基に、金城町内の今福、美又、久佐の三つのまちづくりセンターが連携して開いた。
 児童たちは10分間、ハンターから逃げつつ、先に捕まって牢屋にいる仲間を救うため鍵を見つけ出すミッションを遂行。最後までハンターに捕まらなかった児童には歓声が上がった。ハンターの腰に付けたテープを奪うしっぽ取りも行い、暑さに負けず、元気に芝生の上を走り回った。
 6年の岸本紘歩君(12)は「ハンターに捕まって悔しかったけど、楽しかった」と話した。
 (宮廻裕樹)