日本で最初の本格的都城とされる藤原宮(694~710年、奈良県橿原市)跡の発掘調査で、中枢部の大極殿を囲む回廊部分の地中から2本の木くいが見つかった。約10メートル離れた2本を線で結ぶと、南北...