稲の害虫駆除のために全国で広く使用され、ミツバチの大量死との関連も指摘されるネオニコチノイド系農薬が、秋田県の八郎湖から高濃度で検出されたことが、秋田県立大などの調査で分かった。同農薬の影響で...