名古屋出入国在留管理局に収容中だったスリランカ人女性(33)が死亡した問題で、出入国在留管理庁が遺族に限定し、収容中の女性の映像を開示する方針を固めたことが6日、関係者への取材で分かった。