【38】  第二章 平家一門(十三) 「やはり……長引きますか」  父が決して躰の強くない己を慮(おもんぱか)っていること。自身亡きあとの政を支えて欲しいと願っていることを薄々は感じていた。...