ステージ5 過去と未来(4)  とんでもなく盛り沢山な一日に疲れきっていたのだろう。並べて敷いた布団に入ると、ミチルはあっという間に寝息をたて始めた。 「明日の午後、高尾先生と会ってくるこ...