【ワシントン共同】バイデン大統領は中国が「世界を率いる最大の経済大国で、最強の国」になる目標を掲げていると指摘した上で「そういう事態は起こらない」と述べ、米国の国際社会の指導的地位は譲らない考えを示した。