日米両政府は26日、4月上旬に予定する日米首脳会談で共同文書を作成する方針を固めた。沖縄県・尖閣諸島が米国による防衛義務を定めた日米安全保障条約の適用対象と明記する方向で最終調整している。