無痛分娩で出産する際、医師のミスで妊婦だったロシア人女性に重い障害が残ったとして、夫らが京都府の産婦人科医院に約6億4千万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で京都地裁は26日、約3億円の支払いを命じた。