中東民主化運動「アラブの春」が巻き起こった2011年に、イエメンで女性の権利向上に尽力したとしてノーベル平和賞を受賞した人権活動家タワックル・カルマンさん(42)は、強権体制が復権し内戦が続く...