大阪維新の会が推進した「大阪都構想」の代替案とされる「広域行政一元化条例」が26日、大阪市議会で採決され、維新と公明党の賛成多数で可決、成立した。政令指定都市の都市計画権限などを府に移譲する全国初の事例となる。