ステージ3 見えない壁(17) 「十六歳です」  桐(きり)絵(え)は勢い込んで言った。 「歌は、歌うのかね」 「もちろんです。それをぜひ聴いて頂きたくて、先生をお待ちしていたんです!...