北海道北部の宗谷地方の河川で今夏、「幻の魚」とも呼ばれる絶滅危惧種の大型魚イトウの死骸が多数見つかっている。専門家によると、記録的な暑さによる水温上昇と雨不足に伴う渇水で、酸欠死した可能性が高...