飯塚幸三被告
飯塚幸三被告
東京・池袋の乗用車暴走事故を巡る東京地裁判決を受け、亡くなった妻真菜さん、長女莉子ちゃんの遺影を前に記者会見する松永拓也さん=2日午後、東京・霞が関の司法記者クラブ
東京・池袋の乗用車暴走事故を巡る東京地裁判決を受け、亡くなった妻真菜さん、長女莉子ちゃんの遺影を前に記者会見する松永拓也さん=2日午後、東京・霞が関の司法記者クラブ
飯塚幸三被告 東京・池袋の乗用車暴走事故を巡る東京地裁判決を受け、亡くなった妻真菜さん、長女莉子ちゃんの遺影を前に記者会見する松永拓也さん=2日午後、東京・霞が関の司法記者クラブ

 東京・池袋で2019年4月、乗用車が暴走し、松永真菜さん=当時(31)=と長女莉子ちゃん=同(3)=が死亡、9人が重軽傷を負った事故で、自動車運転処罰法違反(過失致死傷)の罪に問われた旧通産省工業技術院の元院長飯塚幸三被告(90)に、東京地裁は2日、禁錮5年(求刑禁錮7年)の実刑判決を言い渡し、被告の無罪主張を退けた。

 下津健司裁判長は、被告が約10秒にわたり、ブレーキと間違えてアクセルを踏み続け、最大時速約96キロまで加速させた過失が原因と認定した。事故後の車の解析結果や、「ブレーキランプがついていなかった」とする目撃証言などの検察側の証拠を信用できるとした。

 妻子を亡くした拓也さん(35)は判決後、東京都内で記者会見し「むなしい思いもあるが、遺族が少しでも前を向いて生きていくきっかけになる」と話した。

 弁護側は、経年劣化などで電気系統に異常が生じ、ブレーキが利かなくなったと主張したが、判決は「車に異常や故障の痕跡は無く、仕組みや構造からも考え難い」と否定した。その上で「母子2人の尊い命が失われ、被害者らの身体的、精神的苦痛も大きく結果は甚大だ」と述べた。

 一方、高齢で体調が万全でなく、過度の社会的制裁を受けた点も踏まえ「過失は悪質だが、酒気帯び運転などの運転行為に伴うものではない」とし禁錮5年が相当とした。

 検察側は、加齢による認知能力などの衰えを認識していたのに、運転を続けたと指摘したが、判決は「衰えから、踏み間違いに気付かなかったのかは証拠上明らかとはいえない」と付け加えた。

 下津裁判長は判決の読み上げ後、被告に「判決に納得するなら、責任と過失を認め、遺族に真摯(しんし)に謝っていただきたい」と求め、被告は小さくうなずいた。

 判決によると、19年4月19日昼、東京都豊島区東池袋4丁目で、横断歩道を自転車で渡っていた真菜さんと莉子ちゃんを乗用車ではねて死亡させ、男女9人に重軽傷を負わせた。