今、裁判の「秘密化」への流れが止まらない。 法制審議会(法相の諮問機関)は16日、一定の要件の下で犯罪被害者の氏名、住所などの情報(被害者情報)を被疑者・被告人や、場合によってはその弁護人にも...