JR東海は17日、10月の東海道新幹線の運転本数を当初計画から669本減らし、1万82本とすると発表した。減便に伴って業務量の減少が見込まれるため、9月から実施している社員の一時帰休を10月末まで延長する。