トヨタ自動車は17日、東南アジアの新型コロナウイルス流行による部品調達難を主因として10月に世界で33万台を減産するのに伴い、国内14工場、計27ラインで生産調整を実施すると発表した。