イメージ
イメージ

 台風14号が18日明け方にかけて山陰両県に最接近する。局地的に雷を伴った激しい雨が降る恐れがある。予想以上に雨雲が発達すると、警報級の大雨になる見込み。松江、鳥取両地方気象台は土砂災害や浸水害、強雨への警戒を呼び掛ける。

 両地方気象台によると、予想される最大風速は山陰両県全域の陸上で15メートル、海上で18メートル。1時間降水量は多い所で、島根県東部と西部が30ミリ、鳥取県全域が25ミリ。17日午後6時からの24時間降水量は島根県東部80ミリ、西部100ミリ、隠岐30ミリ、鳥取県全域80ミリの見込み。

 島根県は昼過ぎごろまで雨が降り、鳥取県は午後も雨が続くと予想される。強い風も吹く見込み。

 18日の空の便は、出雲空港と福岡空港を結ぶ1便が欠航。高速バスは、松江、出雲と、大阪、神戸、福岡方面を結ぶ計18本が運休する。JR西日本米子支社や一畑電車は18日は平常通りの予定だが、雨の状況によって、遅延や運休となる可能性があるとした。
      (片山皓平)