ヤクルトが0―2の八回に4連打で追い付き、引き分けに持ち込んだ。1死からともに代打の宮本と川端が好機をつくり、塩見、青木が連続適時打した。広島は森下が粘りきれず、8回2失点で後半戦初勝利を逃した。