浜田市役所
浜田市役所

 浜田市が21日、新型コロナウイルスのワクチン接種で、市内の医療機関が接種を受けに来た1人に対し、誤って使用済み注射針を再使用したと発表した。注射針の再使用はさまざまな感染症を媒介させる危険がある。医療機関側はすぐに気付き、関係者の血液検査を行った。現時点で健康被害はないという。

 市によると、医療機関名や日時は非公表。医療機関は、未使用と使用済みの注射器を別々の容器に入れ、机に並べて接種を実施。この日の4人目を接種した際、誤ってワクチンが入っていない使用済み注射針を使った。使用済み注射針は前の1~3人目の誰かに使ったものという。

 医療機関は、この被接種者が何らかの感染症に感染していないか調べるため、1~3人目とともに血液検査を行い、4人全員の陰性を確認した。今後も経過観察する。

 市は予防接種の過誤事案として島根県に報告。再発防止のため、ワクチン接種を請け負う各医療機関に注意喚起するとした。