島根県庁
島根県庁

 島根県が26日午後、記者会見を開き、同日午前に発表した出雲市在住の新型コロナウイルス患者1人について、変異株感染者だと明らかにした。山陰両県で変異株の感染は初めて。海外から帰国したばかりで、県は現地で感染した可能性が高いとしている。帰国後の接触者も少なく、県は冷静な対応を呼び掛けた。

 患者は40代男性。軽症で、味覚、嗅覚の異常を訴えている。

 主な変異株は、英国、南アフリカ、ブラジルの3種類あるが、男性の型は現時点で不明。検体を国に送って確定させる。