買い物客でにぎわう会場=島根県邑南町矢上、香木の森公園
買い物客でにぎわう会場=島根県邑南町矢上、香木の森公園

 島根県邑南町矢上の香木の森公園一帯の集客力向上を目指し、周辺企業などでつくる「香木の森再生プロジェクト」が25日、公園内で初めてフリーマーケットを開いた。衣服や雑貨、飲食物などを販売する13店舗が並び、買い物客でにぎわった。
 バラ園横に現れた屋台では、古着や野菜、花などが販売されたほか、高原地区の住民団体「たかはらんど」のカツサンドなどの飲食、ネイルやハンドマッサージのブースなどさまざまな出店があり、訪れた人々がじっくりと品定めした。
 浜田市旭町本郷の佐々岡健次さん(79)は「ほしいものが買えた。今後もやってほしい」と笑顔。再生プロジェクトのメンバーで企画した日野原幸子さん(68)は「公園がにぎわうように今後もイベントをつなげていきたい」と話した。
 昨年11月に発足した再生プロジェクトは、2004年ごろに年間20万人が訪れた公園のにぎわい復活を目指そうと、園内の草刈りやイベントなどを定期的に実施。今春、行ったクラウドファンディングで集めた資金を活用し開いた。
(糸賀淳也)