ニュース検索

ニュース記事の保存期間は3ヵ月間です。
下の入力欄に条件を指定して、検索ボタンを押してください。


該当する記事は 100 件です。 ()

  • 問われる市町村議員

    2020年5月29日

     新型コロナウイルスと闘う医療従事者への激励が各方面から寄せられている。危機からの脱却に向け、同じくらいの気持ちで応援したい人たちがいる。地域代表として選ばれた市町村議員だ▼危機管理を巡っては、首長の

  • コロナと生きる・今後の経済運営/困窮者支援に集中せよ

    2020年5月29日

     政府が新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言を全面解除したことで、国内の経済活動は徐々に活気を取り戻していくと見込まれる。しかし企業も消費者も当面は感染防止の行動様式を維持するため、回復度合

  • まちのキャッチフレーズ

    2020年5月28日

     鳥取市のキャッチフレーズは「いつまでも暮らしたい誰もが暮らしたくなる、自信と誇り・夢と希望に満ちた鳥取市」。何がやりたいのかよく分からないが、どの方向でも目指せる多彩な可能性を秘めていると好感を抱く

  • 京アニ放火殺人で逮捕/遺族らの問いに答えを

    2020年5月28日

     アニメ制作会社「京都アニメーション」の第1スタジオで昨年7月、36人の命が奪われた放火殺人事件で、京都府警は殺人などの疑いで無職の青葉真司容疑者を逮捕した。青葉容疑者は重いやけどを負い、いまだほぼ寝

  • 国を揺るがす大ちょんぼ

    2020年5月27日

     「ちょんぼ」とはマージャン用語の一つ。条件を満たす牌(はい)がそろっていないのに上がりを宣言するなどのミスを犯すこと。その代償として他の参加者へ結構な点数を献上する。心得のある人は誰でもお分かりだろ

  • コロナと生きる・政治と民主主義/社会基盤支える法整備を

    2020年5月27日

     新型コロナウイルス特別措置法に基づいて49日間発令された緊急事態宣言は、十分な補償措置のないまま権利を制約された多くの国民に経済面を中心に深刻な影響を及ぼした。特に直撃を受けたのは非正規雇用など社会

  • それでも「密」で

    2020年5月26日

     単身赴任中の東京から山陰へ帰省できない現状を言い表すと、「つらい」の一言だ。身動きも取れず、コロナ禍でストレスはたまるばかり。運動不足解消も兼ねて大型連休前からランニングを再開した。南千住から浅草に

  • 緊急事態全面解除/真摯な検証で教訓生かせ

    2020年5月26日

     新型コロナウイルス感染拡大の緊急事態宣言が全面解除され、社会は不安を抱えながら「日常」を取り戻す第一歩を踏み出した。新規感染者が減少した今、政府や自治体、そして私たちもこの3カ月余りを真摯(しんし)

  • 学生への思いにほっこり

    2020年5月25日

     「自粛警察」「正義モンスター」-。新型コロナウイルスの感染拡大とともに出てきた言葉だ。密閉・密集・密接の3密を避ける、不要不急の外出はしないなどが、感染防止策として声高に言われる中、他人の行動が気に

  • コロナと虐待・DV/SOS見逃さぬ態勢を

    2020年5月25日

     新型コロナウイルスの感染拡大で休業や在宅勤務、休校により家族が一緒に過ごす時間が長くなり、児童虐待やドメスティックバイオレンス(DV)の深刻化が懸念されている。日々の行動をさまざまな面で制約されたり

  • 人工知能への挑戦/情操養う看護教育実践

    2020年5月24日

    島根県立大学長代行 山下 一也 新型コロナウイルス感染症のため、全国の大学でオンライン授業(遠隔授業)をせざるを得ない状況が続いている。島根県立大学看護栄養学部看護学科の育成する人材像は、「自ら考え行

  • WHO総会/コロナ対策で一致団結を

    2020年5月24日

     世界保健機関(WHO、本部ジュネーブ)の年次総会が開かれ、新型コロナウイルス感染症への対応について、独立した検証をWHOに求める決議を採択した。トランプ米大統領はWHOが中国偏向を改善しなければ資金

  • 高倉健さん似の親米派

    2020年5月24日

     60年前の今頃、国会周辺は騒然としていた。日米安保条約改定の承認案を自民党が強行採決したのに抗議して、連日デモ隊が国会に押し寄せ、6月には突入。排除しようとする警官隊と激しく衝突し、多数の負傷者を出

  • 逆境に立ち向かう

    2020年5月23日

     極真空手の創始者・大山倍達さん(故人)のチャレンジ精神を敬愛する。強さを追求し、数々の格闘家はもちろん、牛とも戦った逸話で知られ、著書「大山カラテもし戦わば」では虎や熊など猛獣との対戦を空想。ライオ

  • 近畿3府県で宣言解除/経済再開が出口ではない

    2020年5月23日

     政府は新型コロナウイルスの緊急事態宣言を先の39県に続き、近畿3府県でも解除した。残る首都圏4都県と北海道は25日に可否を判断する。大型連休後の緩みによる感染者増が5月下旬に判明する懸念もあるが、当

  • やり場のない怒り

    2020年5月22日

     東京で政治担当になり、最初に壁にぶち当たったのが取材相手との関係づくりだった。「懐に入り込む」のは口で言うほど簡単ではない。巧みな話術を持ち合わせているわけでもない。地道に通い、顔を覚えられ、時間を

  • 黒川検事長辞職へ/法改正を白紙撤回せよ

    2020年5月22日

     東京高検の黒川弘務検事長が安倍晋三首相に辞表を提出した。新型コロナウイルスの感染拡大を巡る緊急事態宣言下の今月上旬、2回にわたり都内にある親しい新聞記者の自宅マンションで賭けマージャンをしていた疑惑

  • 球児への応援歌

    2020年5月21日

     <雲は湧き光あふれて>の歌詞で始まる全国高校野球選手権の大会歌『栄冠は君に輝く』を作曲したのが古関裕而さん(1909~89年)。NHK連続テレビ小説「エール」のモデルとして注目を集める▼戦後間もない

  • 甲子園大会中止/各都道府県で開催努力を

    2020年5月21日

     8月に開催される予定だった全国高校野球選手権の中止が決まった。開幕まで3カ月近くあり、このまま順調に新型コロナウイルスの感染が収束に向かえば、なんとか開催できるのではないか、との見方もあっただけに残

  • 「裸の王様」に学ぶ

    2020年5月20日

     アンデルセン童話の『裸の王様』。子どもが「王様は裸だ」と素直に言えたのに、大臣らは王様を止めることができなかった。「ばかには見えない布地だ」と言われ、うがった見方をすれば、人事権を持つ王様に、ばかと

  • 2期マイナス成長/長期化前提に構え築こう

    2020年5月20日

     内閣府が発表した今年1~3月期の国内総生産(GDP)速報値は、年率換算で実質3.4%の減少だった。新型コロナウイルスの感染拡大で国内外ともに3月ごろから経済活動が急速に縮小したためで、昨年10~12

  • 情報とプライバシーのさじ加減

    2020年5月19日

     先日、通勤途中で聴いた韓国ラジオ局の日本語放送でパーソナリティーの申龍(シンヨン)さんが、国内で第2波となった新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)を話題にしていた。ソウル市繁華街にあるクラブ

  • 検察庁法改正見送り/定年延長特例の削除を

    2020年5月19日

     検察官の定年を延長する検察庁法改正案の今国会での成立が見送られることになった。政府、与党が、世論の批判の高まりに折れた形だ。 しかし、改正案の問題の核心は内閣や法相が認めれば検事総長など特定の幹部を

  • 世界や時代が変わる?

    2020年5月18日

     人と直接会ったり、群れたりしない社会に、少しずつ向かうのだろうか。新型コロナウイルスが世界や時代を動かす可能性が指摘される。そうなれば、これまでの価値観や常識は大きく変わる。日本にとっても、敗戦以来

  • コロナと自然災害/避難所の感染防止策急げ

    2020年5月18日

     新型コロナウイルスの感染拡大が続いている中でも、自然災害は容赦なく襲ってくる。この状況で、洪水や土砂崩れ、地震、噴火などが起きれば、避難所で集団感染が発生する恐れが強い。災害と感染症のダブルパンチを

  • 暇と酒

    2020年5月17日

     病気と貧乏と異性関係が作家を育てる肥やしといわれた時代があったが、もう一つ足りない。酒である。酒の力を借りて書き上げる酒豪作家は少なくないが、大正期に「酒乱作家」として名をはせた葛西善蔵は、酒癖の悪

  • 追加経済対策/迅速実行を最優先に

    2020年5月17日

     安倍晋三首相は、新型コロナウイルスの感染まん延に伴う追加経済対策を盛り込んだ2020年度第2次補正予算案の編成を指示した。休業手当を補う雇用調整助成金の拡充をはじめ、事業者への家賃支援、学生への援助

  • 沖縄復帰の日/距離を縮める対話を

    2020年5月16日

     沖縄は15日に、1972年の本土復帰から48年を迎えた。52年に主権を回復した日本から切り離され、米国の施政権下に置かれた20年間に沖縄県民が繰り広げた復帰運動の結果、ようやくかなえた願いだった。 

  • 生老病死

    2020年5月16日

     目を閉じた老婦人の頬を優しく包む小さな手。「ゆずちゃんがまつえさんのほっぺをぺんぺん まつえさんの目は開かない でも 言葉をしぼりだす ゆずちゃ~ん ゆずちゃ~ん あと たのむでぇ」-。写真と言葉で

  • アフターコロナの宿題

    2020年5月15日

     実際にやって、うなずくことしきり。コロナ禍で社外の会合が、インターネットでつなぐウェブ会議での開催となり、初めて経験した。画面の向こうからの呼び掛けに声を発するタイミングがうまくつかめない。会話のテ

  • 39県で緊急事態解除/コロナと共存の社会描け

    2020年5月15日

     政府は、全国を対象にしていた新型コロナウイルス感染拡大の緊急事態宣言を39県で解除した。新規感染者がゼロ、または減少している状況を踏まえたもので、政府や自治体の要請に協力した市民の行動の成果と言えよ

  • 広げよう善意の輪

    2020年5月14日

     コロナ禍で重苦しいニュースが続く中、心温まる話題がおとといの本紙に載った。コロナ対策に役立ててほしいと、松江市の80代男性が匿名で現金96万7千円を市へ寄付したという。添えられた手紙には「967(コ

  • 安倍政権の意思決定/貧弱化し混乱の原因に

    2020年5月14日

     人間や組織の本当の姿は重大な危機に直面した時に現れる。安倍政権でも新型コロナウイルスの世界的な感染拡大というかつてない危機に対処する中で、本当の姿が明らかになった。見えてきたのは貧弱になった意思決定

  • お叱りの指摘

    2020年5月13日

     5日付の小欄にお叱りの指摘をいただいた。「こどもの日」に親子でできる遊びのヒントを紹介した内容だったが、その中に「男の子には」「女の子なら」と遊びや興味の対象を性別と結びつけるような表現があった点だ

  • 検察庁法改正/恣意的人事の余地残すな

    2020年5月13日

     こんな筋の通らない振る舞いが許されるのか。世の中の注目が集まる新型コロナウイルス感染症への対応に紛れさせるかのように、与党は、検察官の定年を延長する検察庁法改正案の早期成立を目指し、肝心の森雅子法相

  • 俺は幽霊

    2020年5月12日

     魚眼レンズで捉えた大阪やロンドンをはじめ世界各地の映像が早回しで映し出される。しかし、白昼の街角には誰もいない。英国のロックバンド、ザ・ローリングストーンズが4月24日に発表した新曲『リビング・イン

  • コロナ禍で学生困窮/官民挙げ支援の輪拡大を

    2020年5月12日

     新型コロナウイルスの影響が大学生にも及んでいる。外出自粛などに伴う経済活動の停滞でアルバイト収入や仕送りが減り、生活苦に直面する学生が続出。山陰両県の大学も独自の支援に乗り出した。状況が改善されなけ

  • コロナノイローゼ

    2020年5月11日

     米国の実業家で自らが操縦して世界一周飛行を最短時間でやり遂げるなど華やかな話題を振りまいたハワード・ヒューズは、20世紀を代表する大富豪としても知られる。しかし晩年は極度の細菌恐怖症に見舞われ、部屋

  • 五輪追加費用/徹底的な精査と圧縮を

    2020年5月11日

     開催が1年先に延びたことによる東京五輪・パラリンピックの費用が追加分だけで、ざっと見積もって数千億円になりそうだという。にわかに信じ難い額だ。 大会組織委員会には、自分たちではそのような大規模追加予

  • 今日も手作り弁当

    2020年5月10日

     大型連休の巣ごもり生活中に、昨年公開された映画『今日も嫌がらせ弁当』をテレビで見た。東京・八丈島に住むシングルマザーの人気ブログを基に映画化。「嫌がらせ」名目でキャラクターをあしらったキャラ弁を3年

  • 長引くコロナ休校/学びの継続に工夫を

    2020年5月10日

     緊急事態宣言が5月末まで延長され、多くの小中高校で休校が続く。新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐためとはいえ自治体によっては休校が3カ月近くに及びそうだ。子どもの学びを継続するためあらゆる工夫を試み

  • コロナ禍と向き合う/絆を結びなおす機会

    2020年5月10日

    島根県教育魅力化特命官 岩本 悠 新型コロナウイルスの影響で、不安や困難に向き合う全ての人に慎んでお見舞いを申し上げるとともに、各地で感染予防や対応のために尽力する皆さんに心から感謝したい。 この3カ

  • 米中コロナ対立/世界全体のために協力を

    2020年5月9日

     トランプ米大統領は新型コロナウイルスが中国湖北省武漢市の研究所から流出したとする起源説を持ち出し、対中批判を強めた。中国は全面否定し、コロナウイルスの感染拡大を巡る米中両国の対立が激化してきた。 米

  • 蛙始めて鳴く

    2020年5月9日

     そうか、君たちが元気に動く頃か-。先日、運転中の車のワイパーにカエルが1匹、ちょこんと乗っていた。風にびくともせず、こちらを見て。季節の訪れを知らせに来てくれたのだろうか▼自粛続きでふさぎがちな日々

  • 10万円便乗詐欺

    2020年5月8日

     全国民への10万円給付に伴い、心配なのが詐欺だ。1年前には平成のキャッシュカードが使えなくなると言ってだます「改元詐欺」が取り沙汰されたが、10万円給付も詐欺集団には格好の材料になる。狙われやすい高

  • 欧米の経済活動再開/慎重に判断すべきだ

    2020年5月8日

     中国に続いて欧米諸国が新型コロナウイルスの感染症拡大がピークを越えたとして経済活動を再開し始めている。大幅な景気の落ち込みから、これ以上の活動制限は続けられないという判断からだ。 しかし、経済活動の

  • 猫の辛抱

    2020年5月7日

     大型連休も最終日。例年なら行楽を終え、最後くらい家でのんびり過ごそうという家庭も多いだろうが、「巣ごもり生活」を強いられる今年は、「外に出て自由に動き回りたい」とストレスを抱える人がほとんどだろう▼

  • コロナと心ない言動/差別は社会をむしばむ

    2020年5月7日

     新型コロナウイルスの感染拡大とともに、感染への恐れからくる差別と偏見が広がりを見せている。とりわけ人手が足りず、防護具も十分に行き渡らない過酷な現場で治療に当たる医療従事者に対する心ない言動が目立つ

  • 童心に帰る一日に

    2020年5月5日

     あれも駄目、これも駄目のつらい「こどもの日」を迎えた。大型連休で、本来なら家族旅行や遊園地など、子どもが喜びそうな場所に出掛けるはずだったのに、コロナ騒ぎのせいで外出は自粛。東京のように、公園の遊具

  • 緊急事態宣言5月末まで/長丁場へ新たな覚悟を

    2020年5月5日

     政府は新型コロナウイルス対策の緊急事態宣言を5月末まで延長した。13の特定警戒都道府県では外出自粛要請などを徹底する一方、それ以外では「新しい生活様式」により感染拡大防止と社会経済活動を両立させる「

  • 理不尽な倒産

    2020年5月4日

     恐竜が絶滅した原因については諸説あるが、米子市出身の批評家、吉川浩満氏はいろんな知見を参照した上で「理不尽な絶滅」と考えている。今から6600万年前に巨大な隕石(いんせき)が地球上に落下した衝撃と、

  • コロナ禍と9月入学/拙速な変更は混乱招く

    2020年5月4日

     小中高校の休校の長期化を受けて入学や進学の時期を9月にする案が急浮上した。新型コロナウイルスの感染拡大による緊急事態宣言を機に、今年から一気に海外に合わせようという意見だ。実現すれば子どもたちに大き

  • いでよ救世主

    2020年5月3日

     四半世紀前のことなのに記憶は鮮明だ。1995年5月2日(日本時間3日)、米大リーグデビューを果たしたドジャースの野茂英雄投手は、その後大リーグの本塁打記録を打ち立てたボンズ選手擁するジャイアンツに5

  • 憲法記念日/権利の価値、再確認を

    2020年5月3日

     日本国憲法は施行から73年を迎えた。新型コロナウイルス対策の特別措置法に基づく緊急事態宣言で、憲法が保障する基本的人権が一部制約される極めて異例の状況下の憲法記念日となる。普段は当たり前のように行使

  • 緊急事態宣言の延長/対策検証し出口戦略示せ

    2020年5月2日

     安倍晋三首相は新型コロナウイルス対策で発令した緊急事態宣言を期限の6日から延長する方針を決め、全国を対象に1カ月程度延長する方向で調整に入った。 政府の専門家会議も、逼迫(ひっぱく)している医療の現

  • 転んでもただでは起きぬ

    2020年5月2日

     ことわざの「転んでもただでは起きぬ」は、欲深い人を示す代名詞のように使われるが、経営の神様と呼ばれた松下幸之助は否定する。転んで悟りを開いた先人は多くいるとし、「意地汚いのではない。真剣だったのであ

  • 子どもたちの「犠牲」

    2020年5月1日

     高校時代、球児として追った夢はかなわなかった。途中出場だった3年夏の最後の試合は同点機に凡退。拙守で決定的な失点につながる出塁も許した。ぼうぜんとした頭でゲームセットのサイレンを聞き、球場の外の通路

  • 補正予算成立/次の支援策を急げ

    2020年5月1日

     一律10万円の給付をはじめ緊急経済対策の財源を盛り込んだ2020年度補正予算が成立した。しかし、新型コロナウイルスの感染拡大と全国への緊急事態宣言に伴い、営業できない店舗の家賃や学費の支払いなど新た

  • 「帰ってこいよ」と歌えない

    2020年4月30日

     津軽三味線を抱えて「きっと帰ってくるんだと-」と歌いだす40年前の演歌『帰ってこいよ』。ロングヘアの演歌歌手・松村和子さんのデビュー曲だ。昔、2次会でスナックに行くと、決まって、この歌をカラオケで熱

  • 院内感染と資材不足/医療機関に緊急資金を

    2020年4月30日

     新型コロナウイルス感染症の院内感染が止まらない。医療、福祉、介護の現場が例外なく悲鳴を上げ、医療崩壊は既に始まったとも言っていい。国は一刻も早く防護具の供給を図るとともに検査態勢を充実させ、不安を払

  • 日銀の国債購入/正常化の道筋を示せ

    2020年4月29日

     日銀は、新型コロナウイルスの感染拡大による景気悪化に対応するため、国債買い入れの上限額を撤廃して長期金利を抑制しやすくする追加の金融緩和策を決定した。中小をはじめとした企業への資金繰り支援の強化も合

  • 暇つぶし文学論争

    2020年4月29日

     昭和の時代には、作家や文芸評論家が作品の思想や作風などを巡って、持論を戦わす文学論争がいろいろ繰り広げられた。中でも有名なのが、昭和初期に芥川龍之介と谷崎潤一郎との間で交わされた「小説の筋論争」▼話

  • 在宅勤務に思う

    2020年4月28日

     見るのも聞くのもうんざりな「新型コロナウイルス」という言葉だが、感染拡大によって老生の仕事環境も大きく変わった。高齢者は感染したら命に関わるということなのだろう。今月中旬から在宅勤務を命じられた。家

  • 休業要請と店名公表/運用には慎重を要する

    2020年4月28日

     新型コロナウイルス感染拡大防止のため、大阪府は特別措置法に基づく休業要請に応じないパチンコ店の店名公表に踏み切った。これまでの一般的な協力呼び掛けでは思うように休業が広がらず、より強い対応に切り替え

  • 時代の映し鏡

    2020年4月27日

     子どもの将来の夢は、時代の映し鏡だと思う。その推移を手繰ると、時代のはやり廃りが見えてくる。ランドセル素材の人工皮革を製造販売するクラレ(東京)が、全国の新小学1年生4千人を対象とした「将来就きたい

  • 緊急事態宣言・個人データ活用/透明性の高い仕組みを

    2020年4月27日

     新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、携帯電話会社やIT企業の大手各社が保有するスマートフォンの位置情報やインターネットの検索履歴など膨大なパーソナルデータを活用する動きが広がっている。政府は各社

  • 地球環境破壊と重度感染症/安全安心な食糧生産を

    2020年4月26日

    食と農・環境フリーライター 若槻 武行 新型コロナウイルスのまん延で、世界のあらゆる活動が混乱・停止している。想定外で「100年に一度」の感染症のように言われるが、果してそうか。 最近の感染症は動物由

  • 新型コロナと喫煙/リスク防止へ規制強化を

    2020年4月26日

     喫煙は新型コロナウイルスの感染や重症化のリスクを高めるとの警告が相次いでいる。日本では受動喫煙対策を強化する改正健康増進法が4月1日に全面施行され、不特定多数が利用する施設が原則禁煙となったが、受動

  • 求められる「しゅうそく」

    2020年4月26日

     世界的な感染拡大が続く新型コロナウイルスの先行きを巡り、新聞で「終息」と「収束」の二つの「しゅうそく」という言葉が度々使われている▼終息は、文字通りにウイルスを制圧して事態が終わることを意味する。願

  • 社会的距離と「適疎」

    2020年4月25日

     家庭菜園の時季を迎えた。庭のちょっとした隙間とプランターを使った、ささやかな菜園だが、気分転換にちょうどいい。今年はコロナ騒ぎのせいか、春の日差しの中、無心で草取りをしていると気が紛れる▼毎年、失敗

  • 辺野古設計変更/強行では解決しない

    2020年4月25日

     防衛省は沖縄県名護市辺野古で進める米軍基地移設計画で、海底の軟弱地盤改良工事のための設計変更を県に申請した。砂のくいを海底に打ち込む工法などを追加する。ただ沖縄県の玉城デニー知事は申請を認めない方針

  • 空想は心の栄養

    2020年4月24日

     気管と食道を切り替える機能が弱いらしく、ラーメンを食べると必ずむせる。イルカみたいに頭の上の穴で息ができたら、安心して食べられるのに-。空想が始まると止まらない。夜だと眠れなくなり、気付くと明け方と

  • 接触8割減届かず/我慢の大型連休に

    2020年4月24日

     新型コロナウイルス対策を検討する政府の専門家会議は人の接触8割削減の目標が達成できていないとして、人が集まるスーパー、公園への対策や旅行の自粛を要請した。 何とか止めたい感染拡大、逼迫(ひっぱく)す

  • 一律10万円の力学

    2020年4月23日

     経済学は無駄を嫌う学問といわれる。限られた資源の中から必要なところに必要な分を届け、無駄をなくす効率性を追求する。時にそれが行き過ぎて世の中がギスギスしたり、格差を広げたりするが、経済的な規律が社会

  • 緊急事態宣言拡大1週間/自治体の取り組み支えよ

    2020年4月23日

     新型コロナウイルスの感染拡大を踏まえ、安倍晋三首相が緊急事態宣言を全国に拡大してから1週間が経過した。感染者数の伸びは鈍化しているとの見方もあるとはいえ、最初に対象となった東京など7都府県は依然高水

  • 止まらぬ原油安/負の作用を注視したい

    2020年4月22日

     原油が歴史的な低価格となり、米国産油の代表的な指標は初のマイナスを記録した。新型コロナウイルスの世界的な感染拡大により需要が急減する一方で、産油国同士が減産を巡り対立し、混乱したためだ。サウジアラビ

  • ウルトラセブンとウイルス

    2020年4月22日

     数あるテレビのヒーローものの中で、53年前に放送された「ウルトラセブン」は異彩を放つ。宇宙人の地球侵略にテーマを絞った社会派のストーリーが多く、再放送で見ていた筆者も子ども心に怖さを感じた▼その第3

  • いずれくるアフターコロナの時代

    2020年4月21日

     住んでいる東京のアパートの前に保育園がある。夕刻、園庭で迎えを待つ子どもの声をかき消す大音量の放送。「ガイシュツヲヒカエテクダサイ」。ロボットのように抑揚がない声が不気味で仕方ない▼新型コロナウイル

  • 運動員買収初公判/河井夫妻は議員辞職を

    2020年4月21日

     自民党の河井案里参院議員が初当選した昨年7月の参院選を巡り、案里氏の公設秘書で公選法違反(買収)の罪に問われ、検察に連座制の適用対象として「百日裁判」を申し立てられた立道浩被告の初公判が広島地裁であ

  • 韓国総選挙/日本との関係改善が急務

    2020年4月20日

     新型コロナウイルスの感染危機という状況に直面する中で行われた韓国の総選挙は、与党「共に民主党」が歴史的ともいえる多数の支持を得て圧勝した。 韓国の総選挙は大統領の5年任期の折り返し時期に実施されるこ

  • とんち話とコロナ

    2020年4月20日

     褒美として1日目は米1粒、2日目は倍の2粒、3日目はその倍の4粒と、前日の2倍の量の米を100日間欲しい、と望む「とんち話」がある。有名なのは話術が巧みで御伽衆(おとぎしゅう)として豊臣秀吉に仕えた

  • コロナ危機からの出口/日本版「民間国土保全隊」を

    2020年4月19日

    一般社団法人持続可能な地域社会総合研究所所長 藤山 浩 コロナ危機がすごいことになっている。 私たちの文明のあり方そのものを問う危機と言えよう。ウイルスを爆発的に流行させているのは、大規模・集中・グロ

  • 中国GDP急減/内外の経済再建に尽くせ

    2020年4月19日

     中国の2020年1~3月期の実質国内総生産(GDP)は、新型コロナウイルスの感染拡大により、前年同期比6.8%減となった。四半期ごとのGDP発表が始まった1992年以降初めてのマイナスとなり、コロナ

  • 事業承継のおせっかい

    2020年4月19日

     「行政がそこまで首を突っ込むのか」。取り組みを始めた当初はそんな声があったと聞く。島根県が掲げる「島根創生計画」に盛り込んでいる結婚支援に対してだ。結婚する、しないは本人の自由。とはいえ何もしなけれ

  • 「巣ごもり」の設計図

    2020年4月18日

     松江市内で新型コロナウイルスの感染者が確認された影響で、息子が通う高校が10日から休校になった。新年度は始業式に出ただけで、春休みが始まった3月25日からほとんど自宅にいる▼世の中は新型コロナの潜伏

  • 現金10万円給付/迷走による遅れ許されず

    2020年4月18日

     安倍晋三首相は、新型コロナウイルス対策として公明党が求めた現金10万円の一律給付を表明し、決定済みの2020年度補正予算案の組み替えを関係者へ指示した。緊急経済対策の決定から10日足らずの方針転換と

  • 新型コロナと失業

    2020年4月17日

     フリーズという英語は凍るという意味だが、動くなという使い方もある。新型コロナウイルス感染拡大の脅威にさらされている世界経済。人が動かず物流や生産は滞り、オカネは流れない。経済活動が回らなくなって凍り

  • 全国に緊急事態宣言/終息へ不退転の態勢を

    2020年4月17日

     政府は新型コロナウイルスの緊急事態宣言の対象地域について、当初の7都府県と同じ対応をする北海道、茨城、石川、岐阜、愛知、京都6道府県を含め全都道府県に拡大した。外出自粛要請の効果を見極めるとした2週

  • 竹島不法占拠/韓国の執念に根負けするな

    2020年4月13日

    島根県竹島問題研究会研究委員 藤井 賢二 島根県に甚大な被害を及ぼした1963(昭和38)年の「三八豪雪」を覚えている人は多いだろう。山奥の雪は7月まで消えなかったといい、過疎化に拍車をかけた。その最

  • 半世紀ぶりのパニック買い/「デマ」の指摘効果なし

    2020年3月29日

    京都大学公共政策大学院名誉フェロー 佐伯英隆 社会人になる直前、第1次オイルショックの年の寒い時期だったと記憶しているが、原油の価格上昇と数量不足が現実化する中、どういう理屈か、本来関係の希薄な「石油

  • 生活防災 災害時生活 イメージして

    2020年3月22日

     街の元気づくりコーディネーター 久保里砂子 新型コロナウイルスの影響は、計り知れない。地球環境の変化は、自然災害だけでなく、新たなウイルスの発生など、これまで経験したことのない事態を次々ともたらすの

  • 原発ごみ最終処分場 都会への建設検討を

    2020年3月16日

    社会保障経済研究所代表 石川 和男 原発ごみとは、原子力発電に伴い発生する「高レベル放射性廃棄物」。放射能が高く危険な廃液なので、高温のガラスと溶かし合わせてステンレス製の容器に封じ込める。これが「ガ

  • 縁人ゆかりびとと縁人口 あの人もこの人も島根出身

    2020年3月8日

    元JC総研客員研究員 黒川 愼司  正月恒例の都道府県対抗男子駅伝をテレビで観戦しました。島根県は画面にほとんど登場しませんでしたので、チャンネルを回しながらの視聴となりました。 チャンネルが駅伝で止

  • 「核なき世界」の実現/「理性の勝利」で前進不可欠

    2020年2月23日

    島根大学名誉教授 牧田 幸人 第2次大戦後の国際社会において、核兵器を国際関係や国際法秩序の中でどのように捉え位置付けるか、これは国際法の新展開における重要課題であった。特に、核兵器の法的性格や核兵器

  • 伝統と教育/将来見通した理念必要

    2020年2月16日

    元島根県教育長 藤原 義光 「日進月歩」というが、IТ(情報化)やAI(人工知能)はまさしくそうだ。キャッシュレスもそれで、テレビはペイペイだ、ポイント還元だと騒々しい。いくら5%還元だと言われても、

  • IT革命への対応/日本の長所を生かそう

    2020年2月10日

    島根経済同友会終身特別幹事 宮脇 和秀 1853年に黒船を率いて来航したペリー提督が「ひとたび文明世界の過去および現在の知識を習得したら、日本人は将来の機械技術分野で強力な競争相手となるだろう」と言っ

  • 看護の心と地域実習/地域志向強い人材育む

    2020年1月26日

     島根県立大学学長代行 山下 一也 島根県立大学出雲キャンパス看護学科の目的の一つは、地域の病院で働き、住民らに寄り添いながら看護ができる人材を育てることにある。そのために、開学以来、県内での地域実習

  • 竹島問題の奇妙さ/ようやく始まった脱却の動き

    2020年1月19日

     島根県竹島問題研究会研究委員 藤井 賢二 竹島問題は奇妙な問題である。 自国の領土が奪われているにもかかわらず、多くの日本人に被害者意識はなかった。「正直、竹島問題はよくわからないので関わるのはでき

  • <2>「ヨ ガ」

    2018年5月10日

    「ヨガ」という言葉は、サンスクリット語に由来し、その語根の「ヨグ」は、組み合わせる、つなげるということを意味します。したがって、様々な形のヨガを実践することによって、人は超越的な力(神様や、ヨガの実践者自身に眠る超越的な力)とつながることであると究極的には理解されます。

  • <1>「ナマステ」

    2017年6月2日

    マドゥリさんのコラム「今日も元気で!」 山陰インド協会は今月から、中村元記念館の協力を仰ぎ、山陰インド協会ホームページ上でインド政府公認ヒンディー語講師Kasibhala Madhuri(カシバトラ マドゥリ)さん(松江市在住)のコラム「今日も元気で」をスタートします。