(株)日本政策投資銀行 松江事務所長 廣田晃良氏 写真
松江事務所長 廣田晃良 (株)日本政策投資銀行

主役は君たちだ!

せっかくこの世に生まれてきたのだから、何事にも挑戦してほしいと思います。しがらみや失敗を考えても面白くありません。起業したい若者への支援が昔に比べて発達しているように、今の世の中は挑戦する姿勢が認められる風潮です。私は若いときにもっと挑戦すればよかったと思うことがあります。皆さんは後悔する前に挑戦する気持ちを大切にしてほしいです。

地域資源生かす事業支援

Q1. 山陰両県の経済情勢をどのように見ておられますか。

新型コロナワクチンの普及や効果に不確定要素はあるものの、年末には感染拡大前の経済水準に戻ると見ています。 山陰両県では製造業の一部がDX(デジタルトランスフォーメーション)やテレワーク向けの需要拡大を受け回復しています。 例えばパソコンの生産が好調なほか、増産に伴い雇用を増やす動きも複数企業で出ています。

(株)日本政策投資銀行 写真

Q2. 毎年夏に公表する両県の設備投資計画の動向が注目されます。

全産業に占める割合が高い電気機械が復調傾向にあり、投資が増えることが期待されます。 自動車関連では、完成車メーカーが電気自動車(EV)や自動運転の対応で高水準の研究開発投資を維持しているため、 部品メーカーも投資水準を簡単には落とせないでしょう。非製造業では、スーパーが巣ごもり需要で売り上げを伸ばし、 新店舗をオープンする動きが出ています。

Q3. 両県で地域特性を生かしたプロジェクトへの支援も手掛けておられますね。

高齢者や障害者を雇用し、耕作放棄地でイチゴなどを生産する観光農園に出資しました。 地域資源を活用した観光商品や体験プログラムに対する高いニーズは、コロナ後も変わることなく続くと見ています。 両県には国引き神話といった歴史や、たたら製鉄など古来から受け継がれた産業があります。 これほどの歴史を有する地域は国内で他にありません。今は難しい状況にありますが、 旅行需要が回復した際は地域の資源を活用した観光事業の展開が大いに期待できます。

(株)日本政策投資銀行 写真

Q4. 地域活性化への提言をお願いします。

駅前や商店街のにぎわい創出や地域づくりなど、さまざまな活性化の取り組みがありますが、実行するのはそこに住む人です。 行政や支援機?関はサポート役にすぎません。地域住民がいかに自発的に行動し、周囲を巻き込んで継続的な取り組みにしていけるかが重要で、成功の鍵になると考えます。

トップのオフ

ダイエットがてら宍道湖周辺をジョギングしています。シマウマのようにタッタッと軽快に走れたら良いのですが、現実はカメのようにゆっくりです。宍道湖大橋北詰から県立美術館付近まで走り、帰りにバッティングセンターに立ち寄ることも。野球観戦が好きです。家族内で唯一の阪神タイガースファンで、少々肩身の狭い思いをしています。

< TOPへ戻る