西日本電信電話(株) 島根支店長 長江恵氏 写真
島根支店長 長江恵 西日本電信電話(株)

主役は君たちだ!

私自身もそうでしたが、経験が少ない若いころは受け身になりがちだと思います。しかし、どんな小さなことでも良いので、自分の考えで行動すると、前向きな姿勢になり、「気づき」につながります。また、仕事やスポーツなどで厳しさや苦しさを経験したことも、私自身の人生にプラスになっています。

ICT活用 元気な島根に

Q1. コロナ禍の対応に追われた1年だったのではないでしょうか。

皆さまと同様にこれまでに経験したことのないコロナ禍という大きな環境変化の中、社内では密な状態を回避するために、WEB会議の積極的な活用やオーバーヘッド部門での在宅率70%を基本としたテレワークの実施などに取り組んでいます。また、お客さま対応においても、従来は西日本各地で開催していた展示会をオンライン展示会に切り替えて開催したり、WEB会議などを活用したリモートでの提案活動を行ったりしています。

西日本電信電話 写真

Q2. 自然災害が相次いでおり、対応が重要になっていますが。

昨年夏の大雨や年末年始の雪などによる自然災害時においては通信インフラを担う責任を痛感しました。島根だけで対応できない場合は、他県へ支援を要請し、対応しております。逆に島根から支援者を派遣することもあります。今後も皆さまに安心してご利用いただけるサービスの提供に努めてまいります。

Q3. 持続可能な目標達成(SDGs)の実現に向けた取り組みは。

重要なインフラを守る企業としての使命を果たすべく、高品質で災害に強いサービスの維持・提供により、安心・安全な地域社会づくりに貢献してまいります。また、環境負荷の抑制に向けては、業務用車両の100%EV化(電気自動車)を目指した車両更改の推進やペーパーレス会議の徹底などを進めています。

西日本電信電話 写真

Q4. 地域の課題解決の取り組みを推進していますが。

情報通信技術(ICT)を活用した地域活性化の活動を通じて、NTT西日本グループでは、島根が元気になるよう地域課題の解決のお手伝いをする、地域のビタミンのような存在として貢献したいと思っています。市街地だけではなく中山間地域などの活性化も目指し、お客さまの声をしっかりと受け止め、地域課題の解決策を一緒に考えながら取り組んでいきたいと考えます。

トップのオフ

昨夏の異動で、兵庫県西宮市に妻子を残して単身赴任をしており、最近はゴルフに加えて、ジョギングを始めました。宍道湖の景色を楽しみながら湖岸を走りますが、気分が爽快になります。また、島根には出雲大社や松江城などの名所旧跡や、効能が異なる温泉も多くあるので、それらを訪れる事が休日の楽しみです。

< TOPへ戻る