(株)キグチテクニクス 代表取締役社長 木口重樹氏 写真
代表取締役社長 木口重樹 (株)キグチテクニクス

主役は君たちだ!

当社は今年で創業60周年を迎えます。昭和、平成、令和と長い間培ってきた技術力を若い社員に伝承し、さらに高めながら客観的な立場で材料の試験や評価をしてきました。ものづくりの安全・安心を支える当社にとって、やる気とチャレンジ精神に満ちた若い力は社業発展の原動力です。皆さんと一緒に仕事ができる日を楽しみにしています。

安心の技術力で地域貢献

Q1. 鉄鋼材料や非鉄金属材料の安全性の試験・評価を業務としておられます。業況はいかがですか。

航空機や自動車、エネルギー産業をはじめ幅広い分野の企業と取引しています。コロナ禍で航空機産業は打撃を受けていますが、 当社は特定産業に依存しない経営戦略をとっており、影響は比較的小さいです。今後もリスク分散を図りながら、新規分野への参入を進める方針です。

(株)キグチテクニクス 写真

Q2. 国内大手メーカーなどが官民で進める「空飛ぶ車」の開発事業にも参画しておられますね。

人が乗れるドローンのような乗り物をイメージしてもらうと分かりやすいかもしれません。決して夢物語ではなく、政府も近い将来の実用化を検討しています。 自動車や飛行機の電動化が進む中、モーター分野や半導体分野のほか、道路、橋の検査といった社会インフラ分野に対応した仕事を強化したいと考えています。成長が見込まれる宇宙産業への進出も計画しています。今後も先を読んだ経営戦略を推進し、突発的な環境変化にも動じない強い会社づくりに力を注いでいきます。

Q3. 海外受注拡大に向け、米国に現地法人を立ち上げられましたね。

航空宇宙産業に携わる上で必要な国際規格を取得している当社の強みを生かし、旅客機やエンジンの世界的メーカーが集積するオハイオ州ダブリン市に 「キグチアメリカ」を設立しました。航空分野だけでなく自動車、エネルギー、素材など幅広い企業と取引するための営業拠点となります。 将来的には日本国内と同様、試験や耐久性評価業務も現地で行い、材料試験分野で世界のリーディングカンパニーを目指します。

(株)キグチテクニクス 写真

Q4. 今後の抱負を教えてください。

1961年に木口研磨所として創業した当社は、11月に60周年を迎えます。 長年培ってきた技術力を若い社員に伝承し、企業理念である「ものづくりの安全・安心を支える」に基づき、 社会と地域に貢献する企業であり続けたいと思っています。社是の「報恩感謝」を胸に、引き続きチャレンジ精神を忘れず社業にまい進していく考えです。

トップのオフ

若い頃はゴルフに打ち込んでいましたが、最近は詰め将棋を楽しんでいます。故大山康晴さんや中原誠さんなど名棋士の棋譜を見たり、テレビで藤井聡太さんや里見香奈さん=出雲市出身=の対局を観戦したりして勉強します。ただし、私は決して強くはないですよ(苦笑)。ささやかな頭の体操です。よい気分転換になります。

< TOPへ戻る