モルツウェル(株) 代表取締役社長 野津積氏 写真
モルツウェル(株) 代表取締役社長 野津積

ITで高齢者施設の課題解消

Q1.2022年9月に本社をソフトビジネスパーク(松江市北陵町)に移転しますね。

工場の製造能力を高め、大型法人顧客獲得を進めるのが狙いです。新工場では主力の高齢者向け調理済み食材を、現在の約3倍となる1日当たり4万食製造できます。さらに、顧客である高齢者施設の厨房での問題を解決するためのソフトウエア開発にも取り組みます。すでに業務用厨房機器メーカーのホシザキ㈱など6社と取り組みを進めています。IT企業が多いソフトビジネスパークに移ることで、より多くの知見や他社との協業機会を得られると期待しています。

モルツウェル(株) 代表取締役社長 野津積氏 写真

Q2.高齢者施設の厨房が抱える問題とは何ですか。

業務の属人化による人材不足です。刻み食やミキサー食など、高齢者の個別の状況に応じた食事を求められる現状があります。情報技術(IT)やデジタルトランスフォーメーション(DX)で厨房スタッフの負担軽減、働き方改革につなげたいです。具体的には、皿に高齢者個人に提供する食事の内容を記録したICタグを組み込んでセンサーで確認し、間違った場合はアラートを鳴らすといった具合です。

Q3.ソフトウエアを共同開発している企業には障がい者就労継続支援A型事業の会社もあると聞きました。

将来的には、障がい者が簡単に食事を提供できる仕組みを作りたいですね。すでに実証実験として、県内の有料老人ホームで朝・昼・夜の3食の提供を、障がい者だけで運営しています。障がい者が主体で、厨房運営できれば、人材不足の問題解消と同時に、全国の働きたい障がい者の雇用の創出につながると確信しています。

モルツウェル(株) 代表取締役社長 野津積氏 写真

Q4.今後、どのような展開をお考えですか。

1日3食、365日の食事を提供することで得られる膨大な情報量が強みです。国が持つ介護情報データとの連携による完全個別メニュー対応など高齢者顧客の満足度向上につなげ、新たな価値の創造に取り組みたいと考えています。

PICKUP

「健全で安定した厨房運営」のお手伝いをします!

「健全で安定した厨房運営」のお手伝いをします!

介護施設経営者の皆さん、厨房運営についてこんなお悩みありませんか?人材不足、厨房スタッフの負担増、献立作成の負担、食中毒の不安、仕入れや燃料の高騰、経費が・・
そんなお悩みを全国で契約実績のある「楽盛」システムが「まるっと」解決します! 資料請求、試食問い合わせは上記QRコードから↑

主役は君たちだ!

若いみなさんへのMESSAGE

一度しかない人生、自分にしかできない固有の役割を見つけてほしいですね。「一緒に働きたい」と思うのも、そういう人です。そして最後は、ふるさとを守る人材になってほしい。人口が少ない土地ほど新しい発想が生まれやすく、チャレンジもしやすい。そんな人が増えれば、島根は本当に面白い土地になります。

< TOPへ戻る