■石見政経懇話会 第259回定例会
  日時 8月5日(月)正午―午後2時
  会場 浜田ワシントンホテルプラザ(浜田市黒川町)

  講師 立命館大産業社会学部准教授  富永 京子氏
  演題 「若者の政治離れと社会運動」

  講師略歴 1986年生まれ、札幌市出身。北海道大経済学部を卒業後、東京大大学院人文社会系研究科修士・博士課程修了。日本学術振興会特別研究員、チューリッヒ大外部研究員、旭川医科大非常勤講師、台湾国立東華大客員副教授などを経て、2015年から現職。「社会運動のサブカルチャー化」など著書・論文多数。

紙上講演 「若者の政治離れと社会運動」 ネット言論 影響大きい
講演案内 「若者の政治離れと社会運動」 政治・社会に関心を持ち、投票所へ足を運ぼう!

 

■第258回定例会
  日時 6月17日(月)正午―午後2時
  会場 ジョイプラザ(浜田市真光町)

  講師 防衛研究所地域研究部長 兵頭 慎治氏
  演題 「日ロ関係の現状と領土問題」

  講師略歴 1968年生まれ、愛媛県出身。上智大大学院博士課程修了後、防衛庁(現・防衛省)防衛研究所に入所。外務省在ロシア日本大使館調査員、英国防安全保障問題研究所(RUSI)客員研究員、日本国際問題研究所プロジェクト委員、内閣官房国家安全保障局顧問などを経て、2015年から現職。「多民族連邦国家ロシアの行方」など著書多数。

紙上講演 「日ロ関係の現状と領土問題」 G20での条約合意困難
講演案内 「日ロ関係の現状と領土問題」 安倍政権がロシアとの関係を強化する狙いを解説!

 

■第257回定例会
  日時 4月16日(火)正午―午後2時
  会場 浜田ワシントンホテルプラザ(浜田市黒川町)

  講師 産業技術総研首席研究員 岡村 行信氏
  演題 「日本海沖の活断層と巨大地震」

  講師略歴 1955年、大阪府生まれ。名古屋大理学部を卒業後、通産省(現・経済産業省)工業技術院に入省。2001年から産業技術総合研究所の海洋地質研究グループ長、活断層・地震研究センター長などを経て、14年から現職。内閣府「日本海溝・千島海溝沿いの巨大地震モデル検討会」など政府委員も多く務める。

紙上講演 「日本海沖の活断層と巨大地震」 予知不能 普段の備えを
講演案内 「日本海沖の活断層と巨大地震」 巨大地震に備え、命を守る対策を急げ!

 

■第256回定例会
  日時 2月7日(木)正午―午後2時
  会場 ジョイプラザ(浜田市真光町)

  講師 女性活躍アドバイザリー 小安 美和氏
  演題 「人生100年時代の生き方・働き方」

  講師略歴 1971年、大阪府生まれ。東京外語大を卒業後、日本経済新聞社を経て、2005年にリクルート(現リクルートホールディングス)入社。グループ会社で執行役員、子育てしながら働きやすい環境を創るプロジェクト推進事務局長など歴任。17年に女性の就労・キャリア支援などを行う梶uウイル・ラボ」設立、代表を務める。

紙上講演 「人生100年時代の生き方・働き方」 女性生かす勤務形態を
講演案内 「人生100年時代の生き方・働き方」 多様な人材を活かし、女性活躍の場を!

 

■第255回定例会
  日時 12月11日(火)正午―午後2時
  会場 浜田ワシントンホテルプラザ(浜田市黒川町)

  講師 日本総研上席主任研究員 藤波 匠氏
  演題 「人口減が地方を強くする」

  講師略歴 1965年、神奈川県生まれ。東京農工大を卒業後、東芝などを経て2001年に日本総合研究所入所。調査部に所属、08年から現職。地域シンクタンク勤務の経験を基に、地方活性化に向けた政策提言を行っている。「地域の元気創造有識者会議」など政府委員も多く務める。「地方再生論〜暮らし続けるために」など著書多数。

紙上講演 「人口減が地方を強くする」 若者が活躍できる場 鍵
講演案内 「人口減が地方を強くする」 地方の活性化こそ、国全体の活力の源泉!

 

■第254回定例会
  日時 10月10日(水)正午―午後2時
  会場 ジョイプラザ(浜田市真光町)

  講師 國學院栃木短大講師  宮塚 寿美子氏
  演題 「最近の日朝関係と北朝鮮情勢」

  講師略歴 1980年生まれ。立命館大を経て、韓国・明知大大学院博士課程(政治学)修了。日本および韓国在住の脱北者100人以上に面接、北朝鮮の実態を調査中。長崎県立大非常勤講師を兼任。2015年から特定失踪者北朝鮮人権ネットワーク政策アドバイザーを務める。「北朝鮮・驚愕の教科書」ほか著書多数。東京都在住。

紙上講演 「最近の日朝関係と北朝鮮情勢」 派遣労働者にノルマか
講演案内 「最近の日朝関係と北朝鮮情勢」 金正恩氏の狙い、日朝関係の行方を解説!

 

■第253回定例会
  日時 8月22日(水)正午―午後2時
  会場 浜田ワシントンホテルプラザ(浜田市黒川町)

  講師 立正大文学部教授  小宮 信夫氏
  演題 「どう守る?子どもと地域の安全」

  講師略歴 1956年、東京生まれ。中央大法学部を経て、英ケンブリッジ大大学院犯罪学研究科修了。法務省、国連アジア極東犯罪防止研究所などに勤務後、現在は大学で犯罪社会学を講義するほか、地域安全マップの考案者として全国各地で技術指導に当たる。「親子で学ぶ〜防犯ワークブック」など著書多数。

紙上講演 「どう守る?子どもと地域の安全」 犯罪機会なくす努力を
講演案内 「どう守る?子どもと地域の安全」 犯罪の盲点を把握、地域の安全インフラ構築を!

 

■第252回定例会
  日時 6月18日(月)正午―午後2時
  会場 ジョイプラザ(浜田市真光町)

  講師 フリージャーナリスト 福島 香織氏
  演題 「習近平体制と日中外交の行方」

  講師略歴 1967(昭和42)年、奈良市生まれ。大阪大文学部卒業後、産経新聞大阪本社入社。社会部などを経て2001年香港支局長。その後6年間、中国総局(北京)で主に中華圏を取材。帰国後、政治部記者。09年退職、フリー。「あぶない中国 点撃!」など著書多数。雑誌連載、TV・ラジオ出演も多い。

紙上講演 「習近平体制と日中外交の行方」 「長期独裁」野望明確に
講演案内 「習近平体制と日中外交の行方」 習近平政権の死角を探り、日本の針路を指示!

 

■第251回定例会
  日時 4月17日(火)正午―午後2時
  会場 浜田ワシントンホテルプラザ(浜田市黒川町)

  講師 富士通総研主席研究員 米山 秀隆氏
  演題 「空き家対策とこれからのまちづくり」

  講師略歴 1963(昭和38)年、新潟県生まれ。筑波大大学院修士課程修了後、96年に富士通総研入社。マクロ経済と住宅・不動産市場の分析を専門とし、近年は急増する空き家対策に精力的に取り組む。「財政改革の在り方に関する研究会」など政府委員を多く務めるほか、「勝ち組企業の経営戦略」など著書多数。

紙上講演 「空き家対策とこれからのまちづくり」 官民一体のバンク制度を
講演案内 「空き家対策とこれからのまちづくり」 急増する「空き家」を、まちづくりに生かそう!

 

■第250回定例会
  日時 2月13日(火)正午―午後2時
  会場 ジョイプラザ(浜田市真光町)

  講師 政治ジャーナリスト 伊藤 達美氏
  演題 「2018年の政局展望」

  講師略歴 1952(昭和27)年生まれ。講談社、文藝春秋記者等を経て84年からフリー。中曾根内閣時代の86年、中国政府の不当な内政干渉に屈する形で総理官邸が靖国神社に対し、東條英機元総理ら「A級戦犯」の合祀を取り下げるよう求めた問題を描いた著書「東條家の言い分〜総理官邸の圧力」は、その後の靖国公式参拝論争に一石を投じた。

紙上講演 「2018年の政局展望」  日韓関係悪化は北利する 
講演案内 「2018年の政局展望」  「安倍一強体制」の死角、内外の政治課題を解く!




     
これまでの講師と演題

    ■平成8年〜平成29年