<1>「ナマステ」

 

  マドゥリさんのコラム「今日も元気で!」

 山陰インド協会は今月から、中村元記念館の協力を仰ぎ、山陰インド協会ホームページ上でインド政府公認ヒンディー語講師Kasibhala Madhuri(カシバトラ マドゥリ)さん(松江市在住)のコラム「今日も元気で」をスタートします。

 ご主人の転勤で2014年から松江市に暮らすマドゥリさんの願いは、「インドと日本の相互理解や交流が深まればうれしい」。コラムは、インドの言葉や格言、風習、暮らしの知恵などを紹介するもので、協会HPの日本語版と英語版で随時掲載していきます。

 <1>「ナマステ」

 「ナマステ」は、挨拶や別れの際に、インド亜大陸において一般的に用いられる言葉です。サンスクリット語を起源としており、「あなたにお辞儀をする」というのが文字通りの意味です。この言葉をより詳細に分析すると、「あなたの中の神様にお辞儀をする」または「私の中の神聖なるものがあなたの中の神聖なるものに挨拶をする」ということを意味します。つまり、我々は全て同一の神聖な存在から生まれているということを表します。

 この言葉は胸の前で両手の平を合わせながら、時には軽いお辞儀と共に発せられます。「ナマスカール」と「プラナム」も同じ意味で用いられます。(インド政府認定ヒンディー語講師:Kasibhala Madhuri=松江市在住)(翻訳:石田学=中村元記念館マネージャー)


         

 
   Madhuri’s Column “Have a Nice Day!”

San-in India Association starts a series of articles on our web-site entitled “Have a Nice Day”, written by Mrs. Madhuri Kasibhatla, who is Hindi language teacher certified by Indian Government, living in Matsue City, with support from Nakamura Hajime Memorial Hall from this June.

Mrs. Madhuri has moved to Matsue two years before with his husband. She is a Indian Government certified Hindi language teacher and her ability is valued by Mr. Armstrong Changsan, Consul General of India, Osaka-Kobe.

Mrs. Madhuri wish India and Japanese will deepen their mutual understanding and interaction. She will introduce Hindi language, proverbs, custom, tradition and wisdom of India in her column. Her column will be carried on our web-site.

 No.1 “Namaste”

‘Namaste’ is commonly used word for salutation and valediction in Indian subcontinent. It is derived from Sanskrit and literally means “bowing to you”. Analyzing the word more carefully, it means "I bow to the God within you", or "The divine essence within me salutes the divine essence in you" - a knowing that we are all made from the same One Divine Consciousness.

This greeting is usually spoken along with palms pressing each other in front of the chest and sometimes with a brief bow. ‘Namaskar’ and ‘Pranam’ also used and convey same meaning.(Kasibhala Madhuri)
 

2017年6月2日 無断転載禁止