きらめく星 お月見

中秋の名月=2017年10月4日、三瓶自然館サヒメルで撮影(さつえい)
旧暦8月15日は中秋の名月

 お月見は、旧暦(きゅうれき)、つまり江(え)戸(ど)時代まで使われていた昔のカレンダーの8月15日に行われる月を楽しむ行事です。旧暦では、新月(しんげつ)の日が一日(ついたち)と決まっていて、その14日後の15日には、ほぼ満月(まんげつ)になります。旧暦8月15日は秋の中ほどにあたるので中秋(ちゅうしゅう)、その夜の月は「中秋の名月(めいげつ)」と呼(よ)ばれます。

 中秋の名月を見て楽しむ行事は、もともと中国で始まりました。今から1100年以上前の平安時代には、すでに日本に伝わっていたようで、やがて中秋だけでなく翌月(よくげつ)の9月13日にもお月見をするようになりました。なぜ13日なのか理由ははっきりしませんが、これは日本独(どく)自(じ)の風習(ふうしゅう)となっています。

 ただ、そのころのお月見は天皇(てんのう)や貴(き)族(ぞく)だけで行われ、一般(いっぱん)の人々に広まったのは江戸時代になってからのことです。同時に秋の収穫(しゅうかく)のお祝いと結びついて、芋(いも)などの収穫物を月にお供(そな)えするようになりました。このため、中秋の名月は「芋名月(いもめいげつ)」とも呼ばれます。全国的にはサトイモをお供えすることが多いのですが、地(ち)域(いき)によって違(ちが)い、石(いわ)見(み)地方ではサツマイモも供えられます。また、月見団(だん)子(ご)も、月を表すとともに、芋を模(も)したものという説があります。

 このような、同じ日にみんなで月を見るという風習が、日本中で今に続いているのはすばらしいことだと思いませんか。

 現代(げんだい)のカレンダーでは、今年の中秋は9月24日です。満月は、日の入りのころに東から昇(のぼ)り、一晩中(ひとばんじゅう)見えていますので、夜ならいつでも楽しめます。

 当日の月の出は、鳥取で午後5時49分、松(まつ)江(え)で同54分、益(ます)田(だ)で同59分となっています。これらは地平線から月が出る時(じ)刻(こく)で、東に山などがある所ではもう少し遅(おそ)くなります。今年は休日ですから、みんなで早めに準(じゅん)備(び)をして、月の出を待つというのもおすすめです。

◆島根県立三瓶(さんべ)自然館サヒメル天文事業室長・竹内幹蔵(みきまさ)

2018年9月19日 無断転載禁止

こども新聞