レッツ連歌(下房桃菴)・9月27日付

(挿絵・麦倉うさぎ)
◎遠慮なく畑の野菜採りまくり

昨日はカラス今日はタヌキか  (出雲)平井 悦子

見た目もまずい捕獲器の餌   (安来)根来 正幸

◎捨てるのも無駄にするのも大嫌い

積めば堆肥ができる生ゴミ   (松江)岩田 正之

広い敷地が禍のもと      (松江)川津  蛙

貯めた百億ポンと寄付する   (美郷)芦矢 敦子

◎電線の上でカラスが笑ってる

やっぱり気になる今日の運勢  (浜田)松井 鏡子

◎水田に養殖ドジョウ放流し

泥リンピックではしゃぐ子供ら

            (兵庫・明石)折田 小枝

◎近所には解雇されたの隠してる

育メンだわと評判のパパ    (松江)桑谷  夢

ハローワークでばったりと会い (松江)加茂 京子

◎顔なでる柔らかい手の心地よさ

考え直す遺産相続       (益田)石田 三章

初孫抱いて今日もメロメロ   (松江)三島 啓克

◎鶴瓶だよ早く早くと急かされて

新手の詐欺にご注意ください  (松江)山崎まるむ

◎校長の気分抜けずに退職し

家族並べて朝礼をする     (江津)花田 美昭

リビングに置く行事黒板    (美郷)芦矢 修司

◎丸刈りのボクはほんとに僧侶です

お化け屋敷で腰を抜かして   (出雲)栗田  枝

手配の写真しげしげと見る   (江津)花田 美昭

眉毛も剃ってちょっと怪しい  (江津)岡本美津子

◎おひるねの時間高校にもできて

衆参両院ずっと前から     (松江)田中 堂太

◎見えぬもの見えるがごとく語る君

裸のままで王様が行く     (出雲)原  陽子

スリーサイズをピタリ当てられ (雲南)錦織 博子

◎店長は同級生で無理がきき

隣の客とピザ半分こ      (松江)高木 酔子

オールナイトで飲めや歌えや  (松江)植田 延裕

パート抜け出す孫のお迎え   (浜田)勝田  艶

◎受話器置きとたんに足が震えだし

帳簿かかえて税務署に行く   (雲南)錦織 博子

初めて妻に口答えして     (出雲)遠藤  伸

この夏死んだ爺ちゃんの声   (飯南)塩田美代子

◎モツ焼きのにおいに曲がる帰り道

消えては浮かぶ鬼嫁の顔    (出雲)飯塚猫の子

おいしかったなワンワンワンワン(米子)板垣スエ子

◎華やかに尾をなびかせて大金魚

夜店の土産みごと生き抜き   (出雲)栗田  枝

           ◇

 「捨てるのも無駄にするのも大嫌い」には、「ゴミ屋敷」を詠み込んだ付句が、たくさん寄せられました。どれも悪くはないのですが、そのことばを伏せた蛙さんの表現には及びません。その代わり、読者には「行間を読む」力が求められます。

 「行事黒板」ということばは初めて聞きましたが、ああ、あれのことかと、すぐに分かりました。それをリビングに置くというのですから、「家族並べて朝礼」とはいい勝負ですね。

 美津子さんの「眉毛も剃って」―、これは「かなり」怪しいと私は思うのですが、なるほど「ちょっと」には、こういう用法がたしかにあります。桃菴センセ、ちょっとおかしい…とか。

 スエ子さんの句は、「おいしかったと」などと、つい「と」を入れたくなるものですが、そうすると下七が、きっと説明くさくなります。最後まで犬のことばで通したところがシャレています。

 余談ながら、ジャンジャン横丁にはノラ犬はいない、という噂(うわさ)が、むかしむかしはありました。さて、そのわけはお分かりか。

           ◇

今度は、今日の入選句に五七五を付けてください。

               (島根大名誉教授)

2018年9月27日 無断転載禁止

こども新聞