島根県立美術館開館20周年記念展
北斎-永田コレクションの全貌公開<序章>


2019年2月8日開幕


 

 山陰中央新報社などは島根県立美術館開館20周年記念展「北斎-永田コレクションの全貌公開<序章>」を2月8日から3月25日まで、松江市袖師町の県立美術館で開催します。
 世界屈指の葛飾北斎コレクターで、今年急逝された島根県津和野町出身の永田生慈氏が生前、島根県に北斎に関する約2千点の作品を寄贈されました。これらの名品の中から、傑作「冨嶽三十六景 山下白雨」など主要な作品約300点を公開します。前期、後期で展示替えを行います。

 
  • 会期
     ▽前期2月8日(金)~3月4日(月)
     ▽後期3月6日(水)~25日(月)
     
  • 会場
     島根県立美術館(松江市袖師町)
     
  • 入場料
     前売り(一般のみ)900円。当日は一般千円、大学生600円、小中学生・高校生300円。
     
  • プレイガイド
     山陰両県の主要プレイガイド、山陰中央新報社事業部、ローソンチケット(Lコード61972)、チケットぴあ(Pコード769-437)、セブンチケット
     
  • 問い合わせ
     県立美術館、電話0852(55)4700
     


 主催 島根県、県立美術館、山陰中央新報社、日本経済新聞社、TSK山陰中央テレビ、NHK松江放送局、SPSしまね


株式会社 山陰中央新報社(The San-in Chuo Shimpo Newspaper Co.,Ltd )
島根県松江市殿町383  会社概要

2018年12月27日 無断転載禁止