ロナルドに罰金24億円 スペインでの脱税に

 【ロンドン共同】サッカーのポルトガル代表FWで、イタリア1部リーグ(セリエA)のユベントスに所属するロナルドが22日、マドリードの裁判所に出廷し、脱税の疑いで検察に起訴された件で1880万ユーロ(約23億5千万円)の罰金を支払うことで合意し、懲役1年11カ月の刑を免れることになった。ロイター通信が伝えた。

 スペインでは初犯で2年未満の禁錮刑は執行を猶予される慣例がある。ロナルドはレアル・マドリード(スペイン)時代の2011~14年の間に肖像権収入を隠し、1470万ユーロを脱税した嫌疑がかけられていた。

共同通信社 2019年1月22日 無断転載禁止