吉賀・医療専門校 21年度末閉校へ

経営難で2021年度末での閉校が検討されている六日市医療技術専門学校=島根県吉賀町真田
 島根県吉賀町真田の六日市医療技術専門学校(重冨亮校長)が経営難を理由に、21年度末で閉校する方針を固めたことが7日、分かった。町に求めていた財政支援が得られず、存続は困難と判断した。重冨校長は、町内唯一の救急告示病院・六日市病院(吉賀町六日市)を運営する社会医療法人の理事長を6月末までに辞任し、親族の常勤内科医2人も辞任させる考えで、地域医療維持に向けた懸念が高まっている。

 同校は1993年、六日市学園介護福祉専門学校として開校し、現在は介護福祉科(定員40人)と、准看護師を正看護師に養成する定時制3年の看護科(同30人)がある。同科の学生の多くは同病院で働きながら学び、1月末時点で同病院の常勤准看護師27人のうち22人を同校の学生が占めるなど医療人材の育成や確保に大きな役割を担っている。

【詳しくは本紙紙面をご覧ください】

2019年3月8日 無断転載禁止

    • マイベストプロ
    • マイベストプロ島根 マイベストプロ鳥取マイベストプロ