境港海陸運送 他港利用の荷主向け 境税関支署でも輸出入申告

境港の国際コンテナターミナルに接岸したコンテナ船。境港海陸運送は他港利用の荷主向けに、境税関支署でも輸出入申告ができるサービスに乗りだした=境港市昭和町
 認定通関業者(AEO)の境港海陸運送(境港市大正町)が、貨物の輸出入申告の際に税関官署を自由に選べる規制緩和を活用し、境港以外の港を利用する荷主向けのサービス事業に乗りだした。請け負った申告手続きを境税関支署に一元化し申告手続きの利便性向上と、山陰エリアの荷主の取り込みを図る。境港の利用拡大につなげる狙いもあり、新たなビジネスチャンスと位置付けて顧客開拓を加速させている。

 輸出入申告は、貨物を積み降ろす港や空港を管轄する税関で行うのが一般的だ。国は貿易の円滑化を図るため、2017年10月に通関業法を改正し、全国の税関官署から利用しやすい官署を自由に選べるようにした。

【詳しくは本紙紙面をご覧ください】

2019年5月31日 無断転載禁止

    • マイベストプロ
    • マイベストプロ島根 マイベストプロ鳥取マイベストプロ