島根県西部の写真愛好者グループが始動 旧江津郵便局拠点に

 島根県西部の写真愛好者グループが、100年以上前に建てられ、国の登録有形文化財に指定されている旧江津郵便局(江津市江津町)を拠点に活動を始めた。同郵便局がある江津本町地区は、かつて交通の要衝として栄え、今も豪商屋敷などが軒を連ねる。グループは写真を中心に、将来的に音楽や絵画、映像などさまざまなジャンルの愛好家が集える場をつくり、町おこしに一役買いたい考えだ。

 デジタルカメラの普及で幅広い世代に愛好者が増えている写真を通じて地域振興を図ろうと、江津市や浜田市の20~50代の会社員ら10人でグループを設立した。

 活動拠点とする郵便局は、1885(明治18)年ごろに建設された。木造2階建ての擬洋風建築は白壁に淡い青色の柱が印象的で、ステンドグラスの窓など洋風デザインを随所に取り入れている。明治時代に郵便制度が始まった頃の面影を残す貴重な建物として、2009年に登録有形文化財に指定された。

 グループは、趣がある郵便局を会場に人物や風景、天体写真などの展示会を定期的に開くほか、写真の撮影会やコンテストを企画する。将来は、近くにある空き家を活用したコンサートや演劇会なども検討し、多様なジャンルの芸術愛好家に発表の場を提供したい考えだ。

 郵便局がある江津本町地区は江の川の舟運と日本海の海運を結ぶ要所となり、江戸時代は幕府直轄の天領として栄えた。周辺には廻船問屋の蔵屋敷などが立ち並び、今も商家や土蔵をはじめ、旧役場庁舎など歴史的建造物が残る。一方、少子高齢化などで周辺には空き家も目立ち始めている。

 代表を務める藤原裕太さん(36)は「写真をはじめとした表現の場をつくり、古い町並みににぎわいを生みだしたい」と語った。グループは現在、参加メンバーを募集している。問い合わせはphoto52-f@yahoo.co.jp。

2019年6月25日 無断転載禁止

    • マイベストプロ
    • マイベストプロ島根 マイベストプロ鳥取マイベストプロ