学生に福祉現場の魅力を 松江で「ふくしカフェ」開催

社会福祉士(左)から仕事内容を聞く学生
 大学生や高校生に福祉の仕事の魅力を伝える「ふくしカフェ」が6日、松江市内であった。福祉現場の働き手不足解消を目指し「ソーシャルワーカー」として活躍する県内の社会福祉士と精神保健福祉士が初めて企画。85人が仕事のやりがいなどに耳を傾け、進路選択の参考にした。

【詳しくは本紙紙面をご覧ください】

2019年7月7日 無断転載禁止

    • マイベストプロ
    • マイベストプロ島根 マイベストプロ鳥取マイベストプロ