感動のトライアスロンを 成功願い寄付金 皆生通事業振興会

柴野清実行委員長(左)に目録を手渡す梅林哲朗会長
 39回目を迎える全日本トライアスロン皆生大会を前に、米子市の皆生通り周辺の事業所でつくる皆生通事業振興会(梅林哲朗会長)が12日、大会の成功を祈って皆生トライアスロン協会に寄付金20万円を贈った。

 贈呈は大会のマラソンコースとなる沿道の清掃活動に合わせて企画。あいにくの雨で清掃活動は中止になったが、梅林会長(72)が大会の柴野清実行委員長(64)に目録を手渡し激励した。

【詳しくは本紙紙面をご覧ください】

2019年7月13日 無断転載禁止

    • マイベストプロ
    • マイベストプロ島根 マイベストプロ鳥取マイベストプロ