学習の成果 新聞で発揮 開星中2年生

 2年生34人がこのほど、近く行う、ふるさと松江についての調べ学習の成果を新聞にまとめるため、山陰中央新報社の水野幸雄NIE担当から取材の仕方や記事の書き方、レイアウトのこつなどを学んだ。

 2年生は毎年、社会科で「わが町松江の変化と人々の暮らし」をテーマに市内の名所・旧跡などに出掛けて取材。成果を基に新聞を製作し「しまね小中学生新聞コンクール」に応募している。

2019年7月17日 無断転載禁止

こども新聞