都市対抗野球、東芝が8強入り NTT西、日立も

 JR東日本東北戦に先発した東芝・宮川=東京ドーム

 都市対抗野球大会第9日は21日、東京ドームで3回戦が行われ、東芝(川崎市)NTT西日本(大阪市)日立製作所(日立市)が8強入りした。

 東芝は九回に佐藤が適時打を放ち、JR東日本東北(仙台市)に3―2でサヨナラ勝ちした。NTT西日本は一回に中村の3点本塁打などで5点を挙げ、JR東日本(東京都)を6―3で破って4年ぶりのベスト8。日立製作所は二回に大塚がソロ本塁打を放って昨年準優勝の三菱重工神戸・高砂(神戸市・高砂市)に1―0で競り勝ち、準優勝した2016年以来の準々決勝に進んだ。

共同通信社 2019年7月21日 無断転載禁止