自民・舞立氏が再選果たす 参院選、鳥取・島根合区

再選を決め、花束を受け取る舞立昇治氏(中央)=21日午後8時2分、米子市旗ケ崎の米子食品会館
 安倍政権の実績や憲法改正、東京一極集中の是正などを争点とした参院選が21日、投開票された。2016年の前回選に続いて合区となった鳥取・島根合区選挙区(改選数1)は、鳥取県日吉津村出身で自民党現職の舞立昇治氏(43)=公明推薦=が、野党統一候補で無所属新人の中林佳子氏(73)=共産推薦=と、諸派新人の黒瀬信明氏(34)を大差で破り、再選を果たした。合区選挙区の投票率は前回選に比べて7.39ポイント減の52.13%。県別では島根が8.16ポイント減の54.04%、鳥取が6.47ポイント減の49.81%で、いずれも過去最低となった。

【詳しくは本紙紙面をご覧ください】

2019年7月21日 無断転載禁止

    • マイベストプロ
    • マイベストプロ島根 マイベストプロ鳥取マイベストプロ