女子フルーレ日本が8強 フェンシング世界選手権

 女子フルーレ団体2回戦 香港選手(右)と対戦する東晟良=ブダペスト(共同)

 【ブダペスト共同】フェンシングの世界選手権第7日は21日、ブダペストで団体が行われ、女子フルーレで6月のアジア選手権を優勝し、世界ランキング5位の日本(辻、東、菊池、宮脇)は1回戦でベトナムに45―19で完勝し、2回戦は香港を44―32で下した。22日の準々決勝ではイタリアと対戦する。

 男子エペで世界ランク7位の日本(宇山、加納、見延、山田)は初戦の2回戦でモロッコに快勝した。3回戦はイスラエルと対戦し、試合は35―35で終わったが、規定により日本が敗れ、順位決定戦に回った。

共同通信社 2019年7月22日 無断転載禁止