全閣僚、靖国参拝を見送り 中国主席来日へ刺激回避

 靖国神社へ参拝に訪れた人たち=15日午後、東京・九段北

 終戦の日を迎えた15日、安倍内閣の閣僚は東京・九段北の靖国神社への参拝を2017、18年に続き3年連続で見送った。安倍晋三首相は参拝せずに7年連続で玉串料を私費で奉納した。中国の習近平国家主席の国賓待遇での来日を来年春に控え、首相と閣僚の参拝に反対する中国への刺激を回避。関係改善の流れを重視する意向が働いたとみられる。

 首相と習氏は今年6月の大阪市での会談で、習氏が来春に国賓として日本を訪問する方針で一致した。12年の沖縄県・尖閣諸島国有化を契機に悪化した日中関係は「正常な軌道に戻った」(首相)と言われるまで改善した。

共同通信社 2019年8月15日 無断転載禁止