「量子暗号」25年に実用化へ 機密の安全、格段に向上

 政府が、機密性の高い情報をサイバー攻撃から守る、解読困難な「量子暗号」と呼ばれる次世代技術の研究開発を加速し、2025年に実用化を目指すことが23日分かった。外交公電や企業の先端技術といった重要な情報の安全性が、格段に高まることが期待できる。

 政府は25年に全国で量子暗号を使える環境を整える考えで、既に設置されている光ファイバー網の活用を検討する。総務省が8月末に示す20年度予算の概算要求に、研究開発費15億円を盛り込む。将来的には、各国首脳とのビデオ会話や外交上の機密情報などに量子暗号を利用できるよう、人工衛星で通信網を整備する考えだ。

共同通信社 2019年8月23日 無断転載禁止